未分類

国語の勉強法2 ~客観性~

投稿日:2017年4月13日 更新日:

国語における読解問題で、主人公の思考や行動に対する設問や、記述問題があります。

 

そのとき、よく、中学生に多いのは、その主人公の思考や行動は、良いのか悪いのか、こういうのはいいと思うが、こういうのはダメだと思うなどの道徳的な思考に行きがちです。

こう思うのがいい人だろう、こう書けば、よく思われるだろう。。。

 

しかし、それは、単なる読書感想文に過ぎないのです。(主観)

 

 

誰も”アナタ”の感想を求めていないのです。

 

そうではなく、主人公が何故そう思ったか、その理由がよく表れている部分を、文章中から抜き出して、何文字以内で書きなさい。

 

という問題が多い。

 

自分だったらどう思うとか、主人公は、こうだからこう思ったんだろう、など、”自分”で推測するのではなく、”文章中”から抜き出すのです。

 

いわゆる主観ではなく、客観です。

 

自分の頭から一度抜き出て、見てみる。

 

”考える”のではない。

どちらかというと、”知る”、感覚に近いです。

 

”考える”というと、どこか自分の思考、自分の経験が入ってくる。

相手からすると

”それは、おめーが思ったことだろ、、、”(しらけ、、)

と、なっちゃいます。

 

そうではない。

 

自分の気持ち、考えはどこか置いといて、相手を知ろうとしてみる、という感覚ですね。

 

これは、人間関係においても、非常に重要な部分ではないでしょうか。

 

私の体験ですが、以前、家電の配達のアルバイトをやったことがありました。

運転手の横について、一日中、お客さんのお宅に、注文された品物を置いていくのです。

冷蔵庫、テレビ、洗濯機など。

 

とても重たい荷物もあり、運転手と私、二人で協力して行わないといけません。

しかし、そのバイトをスタートした初日に当たった運転手さん、めちゃくちゃ怖かったんです、、、

始めた瞬間から、もう、半分ヤンキー同様の命令口調。

しかも、最初に諸々の説明をして始めてくれるならまだしも、なんの説明もなし、、、

当然、私は、やり方がわからないわけです。

しかし、知らないことが当然なのに、やったあとに怒鳴りつけてくる笑、、、

 

大変でした、、、

 

午前中は、もう、その連続で、気持ちもヤバくなってきました、、、

ですから、荷物をきちんと運ぼうとか、お客さんのお宅の壁に傷つけないように運ぼうとか、怪我をしないようにしようとか、それら、最も重要なことが頭から外れ、とにかく運転手さんが怖いから、とにかく怒られないようにしようしようと、意識がそこばかりに行ってしまったのです、、、

 

そうなると当然、ミスの連続です笑、、、

 

最初の一件目で、慌てて、トラックの鉄製の扉に頭もぶつけてしまい、さんざんだったのです、、、

 

そして、お昼過ぎ、次のお宅への道のりが長いとき、ちょっとしたチャンスが訪れました。

定時で終わらない可能性が出てきたのか、運転手さんが

”〇〇さんは残業したいくちですか?”と、笑顔で聞いてきてくれたのです。

 

初めて、和んだタイミングでした。

 

そのとき、思い切って、言ってみることにしました。

(運転手さんのお名前をMさんとします)

 

”Mさん、午前中、めっちゃ怖かったです、、、”

 

ちょっと、勇気も必要だったので、私も半分、涙目になっていました、、、

 

そうすると、

”あっ、そうだったんですか笑”

と、言って、笑って聞いてくれました。

 

そこから、あのときこうだった、このときこうだったとか、少しずつお互いが打ち解けていき、話の終りごろには、運転手さんがなぜ、そういう態度だったのかも、少しずつ分かり始めました。

 

なんと、その日の朝、初めてお互いが出会ったとき、私の履いていたものが、靴ではなく、サンダルだったことが原因だったんです笑

 

”こいつ、仕事に、なに、サンダルで来てんねん怒!”

 

私は、私で、そのとき、サンダルだった理由がありました。

(つづく)

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

客観性 ~面接試験の例から~

勉強の面から、さらに具体的に見ていきましょう。   最近は、われわれの頃とは違って、公立高校の入学試験でも、面接を取り入れる県や学校が増えてきました。 やはり、面接というだけで、ビビってしま …

no image

数学の勉強法2

公文式勉強法の魅力は、私が考えるに、そこに最大の魅力があると感じています。 そうです、努力や頑張りを必要としなくとも、そこにたどり着けるようになります。   公文式勉強法は、毎日の繰り返しに …

no image

数学の勉強法6 ~計算力~

数学を得意科目にするうえで欠かせないのが、計算力の強化でしょう。 ここは最も大きいでしょう。   なぜか-   だいたい、家庭教師で接するお子さんを見ていると、計算のスピードが遅い …

no image

郵便番号 住所検索の詳細について

郵便番号 住所検索 できない 郵便番号 住所検索 できない場合があるみたいですね。 これは、日本郵便のほうで対応しています。   郵便番号 住所検索 エクセル エクセル郵便番号から住所をカン …

no image

中古車の詳細について

中古車 人気 “中古車 人気”で検索すると ほんとうにさまざまな中古車が掲載されていますね。   中古車 査定 中古車 査定も、かなりの業者がやっていますね。   中古車 値引き …

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– trytry –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-1340469083422964″
data-ad-slot=”5797956168″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>