未分類

では具体的に…

投稿日:2017年4月6日 更新日:

テスト勉強とは、アウトプットの練習

それには、市販の定期テスト対策問題集の利用が、お勧めだと書きました。

 

しかも、それを繰り返し、三回やる!

 

何故、三回もやるのでしょう?

 

最初はその意味がわからないお子さんは非常に多いです。

 

”だって、答え覚えちゃうじゃん!”

”そんなにやるのめんどくさい、、、”

”意味あんのか、、、”

 

答えですか?

覚えちゃってもいいんです。

と言って、案外覚えられませんから。。。

 

いずれにせよ、仮に覚えていても、いなくても、そんなことが問題なのではありません。

徹底して、問題を解く練習、アウトプットする練習をしてほしいのです。

 

これは実際にやって、その子が体感するのが一番なのですが、理由を挙げてみますと、まず、問題のパターンが知れます。

 

数学を例にしますと、その単元の、だいたい最初は計算問題、次にこれ、その次にこれ、終盤、応用、文章問題など。

問題のパターンを予め知って練習できるのは非常に効果が高いです。

だいたい似たような問題も出てきますから。

 

その次に、一回目のときに間違えた問題を、そのままにしないということです。

答えや解説を読んでわかっただけではダメです。

 

ここで、インプットとアウトプットの違いが出てきます。

理解したうえで、もう一度、自分で解いてみるのです。

きちんとアウトプット出来るか、確かめるのです。

 

そして答えを見てみると、例えば数学の証明問題や、理科、社会の記述問題でも、自分の答えと、模範解答との微妙な違いが発見できたりします。

 

ここが重要なところです。

自分が出した答えと模範解答との違いを自分で見つけていくのです。

 

また、別稿でも述べていきたいと思いますが、子どもたちの、記述の表現は、ひとりよがりになる傾向が非常に強いです。

別の言い方をすれば、自分しかわからない文章になっていて、他人には、よくわからない文章になってしまう傾向にあるわけです。

 

つまり、客観性のある文章じゃないと、〇をもらいにくいのです。

ここが、ひとつアウトプットのみそですね。

 

そういう意味では、模範解答には、文字通り、模範的な解答が載っています。

ですから、直後のテストには非常に役立ちますし、また、そのような客観性のある文章に、多く触れていくことで、その時に限らず、だんだんと、そういう表現力を身に着けていくこともできるのです。

 

 

この辺になってくると、子どもたちのなかでも、テストというのはアウトプットの力が必要になってくるんだな、というのが、実感としてわかり始めてきます。

これも大きいですね。

 

そして、通算で三回目。

もう一度、自分の力で解いてみます。

ここまで来ると、ほぼ正答に近くなってきます。

 

そうです、何回もやって、身につけるのです。

 

かの、イチロー選手を育てたチチローこと、イチローのお父さんも、イチローさんを育てるうえで、大事にしていたこと

“習うより慣れろ”

だったそうです。

どこか通ずるところがあるような気がします。

 

一つの問題を何度も解き、解き方を自分のなかに染みわたらせることは、とても大きいです。

“型”というものが、空手などの世界でありますが、それと同じように、同じ問題を繰り返し解くことによって、自分のなかで、解き方の型をつくっていくようなイメージです。

解き方の型が確立されていく、と言っても過言ではないかもしれません。

問題の種類ごとに、解き方が確立されてくるので、ある意味、自分の頭の中で、整理されていくので、この問題ならこういう解き方、あの問題なら…というように、テストの問題を見て、取り掛かり始めるまでのスピードが、とても速くなります。

また、定期テスト対策問題集には、解答のほかに、解説がついているものもあります。

もし、そこを読んでもわからなければ、教科書に戻ればよいのです。

 

 

(つづく)

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

どうしたら成績って上がるの??

自分がわからなかったところをわかるようにする。理解する。 とても単純なことです。 これで成績が上がります。 テスト勉強についても、また書きますが、テスト勉強、それなりのものが出来たら、いわゆる、きちん …

no image

国語の勉強法

さて、ここからは、各科目の具体的な勉強法について、かみ砕いていきたいと思います。   と、そのまえに。   勉強、学問の出発点から、そこに入っていきたいと思います。   …

no image

習字教室の詳細について

習字教室 月謝 気になる習字教室の月謝は、いくらぐらいなのでしょうか? お子さんのやる気、メリットとの兼ね合いになりますね。   習字教室 何歳から きれいな字を書く人を見るとうらやましくな …

no image

ルール?

ですので、もう少しわれわれ大人が子どもを取り巻く環境を知り、子どもの心を知る必要があるのではないでしょうか。   じゃないと、話は通じません。 一方通行です。   もちろん、愛は通 …

no image

数学の勉強法3

学校の授業の一歩も二歩も先を歩めることの優位性。 これは、単に、予習をしたのとも次元が異なります。   これは、数学を学ぶにおいて、非常に興味深い分野ではないか、とも思うのですが、塾や、家庭 …

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– trytry –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-1340469083422964″
data-ad-slot=”5797956168″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>